読みたいトコだけ買える本。
犬耳書店
初めての方へ 記事一覧 無料登録 ログイン

犬耳書店はRenta!へ統合いたします

(2021/11/26 追記)

犬耳書店の作品をRenta!に順次移行します。
詳しくはこちらでご確認いただきますよう、よろしくお願い申し上げます。

0
-2
kiji
0
0
1103865
0
ゼロからでも始められるアイドル運営 楽曲制作からライブ物販まで素人でもできる!【電子書籍版おまけ加筆つき!】
2
0
0
0
0
0
0
エンタメ
お気に入りとは?

お気に入りボタンを押すとお気に入りリストにこのページが追加されます。興味のあるページ・気になったページを後から確認するのに便利です。

お気に入り お気に入り
歌割りはメンバーの色を考えて

『ゼロからでも始められるアイドル運営 楽曲制作からライブ物販まで素人でもできる!【電子書籍版おまけ加筆つき!】』
[著]大坪ケムタ [著] 田家大知 [発行]コアマガジン


読了目安時間:4分
この記事が役に立った
0
| |
文字サイズ



 曲と詞ができました。


 次にやることは、歌割りの決定。つまり、歌詞のどの部分を誰に歌わせるか、を決めることです。


 ここは、あまりクローズアップされない部分ですが、歌割りの決定は実に大変な作業になります。


 メンバーの歌唱力も重要ですが、その後の成長も、さらにそのメンバーのキャラクターも意識しなければいけません。


 それと、曲の「盛り上がるポイント」で誰に歌わせるか、曲の世界観に一番合ってるのは誰なのか、歌詞のフレーズに合っている人は誰なのか、も考えつつ、全員に割り振らなければいけない。これは曲の構成を考える上でも、メンバーのことを考えた上でも結構プレッシャーがかかる作業です。

この記事は役に立ちましたか?

役に立った
0
残り:1222文字/本文:1511文字
この記事を買った人はこれも買っています
      この記事を収録している本
      この本で最も売れている記事
      レビューを書くレビューを書く

      レビューを書いてポイントゲット!【詳細はこちら】

      この本の目次