読みたいトコだけ買える本。
犬耳書店
初めての方へ 記事一覧 無料登録 ログイン
0
-2
kiji
0
0
1103990
0
大日本帝国の発明
2
0
0
0
0
0
0
歴史
お気に入りとは?

お気に入りボタンを押すとお気に入りリストにこのページが追加されます。興味のあるページ・気になったページを後から確認するのに便利です。

お気に入り お気に入り
無線電話の実用化

『大日本帝国の発明』
[著]武田知弘 [発行]彩図社


読了目安時間:4分
この記事が役に立った
0
| |
文字サイズ



 世界の度肝を抜いた明治時代の発明



 現代社会では、もはや必需品といってもいい携帯電話。2014年の携帯電話契約者数はおよそ1億4505万件(一般社団法人 電気通信事業者協会調べ)。私用と仕事用の携帯電話を使い分けるケースも多くなってきた。


 遠く距離を隔てた人と人が、あたかもすぐ近くにいるかのようにリアルタイムで会話を交わす──電話という技術は、グラハム・ベルが実用化に成功して以来、130年の間に目覚ましい進歩を遂げてきた。


 日本は電話の分野でも長年世界をリードしている。いまでは携帯電話の普及でほとんどみかけなくなったが、「自動車電話」の実用化に世界で初めて成功したのも日本である(1979年にNTTがサービスを開始)。

この記事は役に立ちましたか?

役に立った
0
残り:1231文字/本文:1543文字
この記事を買った人はこれも買っています
      この記事を収録している本
      この本で最も売れている記事
      レビューを書くレビューを書く

      レビューを書いてポイントゲット!【詳細はこちら】

      この本の目次