読みたいトコだけ買える本。
犬耳書店
初めての方へ 記事一覧 無料登録 ログイン
0
-2
kiji
0
0
1103991
0
大日本帝国の発明
2
0
0
0
0
0
0
歴史
お気に入りとは?

お気に入りボタンを押すとお気に入りリストにこのページが追加されます。興味のあるページ・気になったページを後から確認するのに便利です。

お気に入り お気に入り
電子式テレビの発明

『大日本帝国の発明』
[著]武田知弘 [発行]彩図社


読了目安時間:5分
この記事が役に立った
0
| |
文字サイズ



 電気好きの少年から世界的な研究者に



 世界中で娯楽の必需品となっているテレビ。


 インターネットが普及した現在でも、テレビの存在感は大きく、依然として娯楽の王様の地位を守っている。


 そのテレビの技術において、日本で重要な発明が行われている。実はテレビ画像の送受信に初めて成功したのは、大日本帝国時代の日本なのである。


 実験に成功したのは、高柳健次郎という工業高校の助教授(当時)だった。


 高柳健次郎は、明治32(1899)年に浜名郡和田村(現静岡県浜松市)に生まれた。


 幼少期は、体があまり丈夫ではなく、色が白く、手足が細かったため、友達から「お姫様」とあだ名をつけられていたという。

この記事は役に立ちましたか?

役に立った
0
残り:1814文字/本文:2105文字
この記事を買った人はこれも買っています
      この記事を収録している本
      この本で最も売れている記事
      レビューを書くレビューを書く

      レビューを書いてポイントゲット!【詳細はこちら】

      この本の目次