読みたいトコだけ買える本。
犬耳書店
初めての方へ 記事一覧 無料登録 ログイン
0
-2
kiji
0
0
1103993
0
大日本帝国の発明
2
0
0
0
0
0
0
歴史
お気に入りとは?

お気に入りボタンを押すとお気に入りリストにこのページが追加されます。興味のあるページ・気になったページを後から確認するのに便利です。

お気に入り お気に入り
ファックスの発明

『大日本帝国の発明』
[著]武田知弘 [発行]彩図社


読了目安時間:5分
この記事が役に立った
0
| |
文字サイズ



 欧米をリードした大日本帝国の大発明



 写真や文字、図版を電送する「ファックス」。現代のオフィスワークにはなくてはならない機器である。


 あまり知られていないが、このファックスを世界で最初に実用化したのは大日本帝国時代の日本である。


 ファックスの原理は19世紀中頃、イギリスのエジンバラ・べインという時計技師が考案していた。しかし、ファックスの原理はわかっていても、長い間、機械自体は製作されなかった。


 ファックス機が開発されたのは、1920年代になってからである。


 ドイツの有名電機メーカーのシーメンス社、そしてフランスの電機メーカーであるべラン社がそれぞれ独自の電送機を開発していた。

この記事は役に立ちましたか?

役に立った
0
残り:1853文字/本文:2145文字
この記事を買った人はこれも買っています
      この記事を収録している本
      この本で最も売れている記事
      レビューを書くレビューを書く

      レビューを書いてポイントゲット!【詳細はこちら】

      この本の目次