読みたいトコだけ買える本。
犬耳書店
初めての方へ 記事一覧 無料登録 ログイン
0
-2
kiji
0
0
1104015
0
大日本帝国の発明
2
0
0
0
0
0
0
歴史
お気に入りとは?

お気に入りボタンを押すとお気に入りリストにこのページが追加されます。興味のあるページ・気になったページを後から確認するのに便利です。

お気に入り お気に入り
破傷風菌の発見

『大日本帝国の発明』
[著]武田知弘 [発行]彩図社


読了目安時間:3分
この記事が役に立った
0
| |
文字サイズ



 日本医学の草創期を支える



 怪我をしたとき、その傷口から細菌が入ることで重篤化し、死に至ることもある「破傷風」。人類は長い間、この破傷風に悩まされてきた。


 この破傷風の原因を突き止め、治療法を開発したのは、明治時代の日本人、かの北里柴三郎なのである。


 北里柴三郎は、嘉永5(1852)年、肥後の北里村(現・熊本県阿蘇郡小国町字北里)の庄屋の家に生まれた。

この記事は役に立ちましたか?

役に立った
0
残り:1307文字/本文:1484文字
この記事を買った人はこれも買っています
      この記事を収録している本
      この本で最も売れている記事
      レビューを書くレビューを書く

      レビューを書いてポイントゲット!【詳細はこちら】

      この本の目次