読みたいトコだけ買える本。
犬耳書店
初めての方へ 記事一覧 無料登録 ログイン
0
-2
kiji
0
0
1104028
0
大日本帝国の発明
2
0
0
0
0
0
0
歴史
お気に入りとは?

お気に入りボタンを押すとお気に入りリストにこのページが追加されます。興味のあるページ・気になったページを後から確認するのに便利です。

お気に入り お気に入り
欧米の知識を素早く吸収した

『大日本帝国の発明』
[著]武田知弘 [発行]彩図社


読了目安時間:4分
この記事が役に立った
0
| |
文字サイズ



 維新すぐに政府中枢が欧米各国を視察



 大日本帝国は教育制度を整えるだけでなく、欧米の進んだ知識や文化、技術を積極的に学び取っていった。その姿勢がよく現れているのが、政府首脳が欧米を視察した、明治4(1871)年の「岩倉使節団」だろう。


 岩倉使節団は、およそ2年にわたって欧米各地を訪問し、社会制度や産業などを見聞した。使節団が出発した年というのは、明治維新からわずか4年後、戊辰戦争が片付いてからまだ2年しか経っておらず、国中が混乱していた時期だった。そんな中、政府の中枢がわざわざ国を空けて、長期間の視察旅行に出かけたのだ。

この記事は役に立ちましたか?

役に立った
0
残り:1279文字/本文:1542文字
この記事を買った人はこれも買っています
      この記事を収録している本
      この本で最も売れている記事
      レビューを書くレビューを書く

      レビューを書いてポイントゲット!【詳細はこちら】

      この本の目次