読みたいトコだけ買える本。
犬耳書店
初めての方へ 記事一覧 無料登録 ログイン
0
-2
kiji
0
0
1104063
0
日本で本当に行われていた 恐るべき拷問と処刑の歴史
2
0
1
0
0
0
0
歴史
お気に入りとは?

お気に入りボタンを押すとお気に入りリストにこのページが追加されます。興味のあるページ・気になったページを後から確認するのに便利です。

お気に入り お気に入り
その11 獄門

『日本で本当に行われていた 恐るべき拷問と処刑の歴史』
[編]歴史ミステリー研究会 [発行]彩図社


読了目安時間:2分
この記事が役に立った
1
| |
文字サイズ



 「打ち首獄門!」という時代劇でよく聞くセリフがあるが、この「獄門」とは、斬首の後、生首を晒されるという恥辱刑で、「晒し首」とも呼ばれる。


 日本で最初にこの刑を受けたのは、新国家成立を図り、謀反を起こした平将門だと言われている。


 将門は関東の地を平定して「新皇」を名乗るが、京都から来た討伐軍に討ち取られてしまう。

この記事は役に立ちましたか?

役に立った
1
残り:780文字/本文:937文字
この記事を買った人はこれも買っています
      この記事を収録している本
      この本で最も売れている記事
      レビューを書くレビューを書く

      レビューを書いてポイントゲット!【詳細はこちら】

      この本の目次