読みたいトコだけ買える本。
犬耳書店
初めての方へ 記事一覧 無料登録 ログイン
0
-2
kiji
0
0
1104197
0
ガイドブックには載っていない タイ 裏の歩き方
2
0
0
0
0
0
0
ルポ・エッセイ
お気に入りとは?

お気に入りボタンを押すとお気に入りリストにこのページが追加されます。興味のあるページ・気になったページを後から確認するのに便利です。

お気に入り お気に入り
ソムタムを売らないソムタム屋台の真相【バンコク】

『ガイドブックには載っていない タイ 裏の歩き方』
[著]高田胤臣 [発行]彩図社


読了目安時間:7分
この記事が役に立った
0
| |
文字サイズ

~ムフフなサービスもある? 地元タイ人で賑わう怪しい屋台に潜入



 タイ国鉄の中央駅「ホアランポーン駅」は、1916年に建てられた歴史ある駅だ。このホアランポーン駅を中心にしたエリアは、“バンコク最後の秘境”中華街ヤワラーがあるなど、タイの歴史とアメージングな面を同時に味わえる場所として旅行者に人気がある。


 そんなホアランポーン駅エリアには、昔から深夜になると不思議な屋台が出没する。なにが不思議なのかというと、「ソムタムを売らないソムタム屋台」なのである。


 地元のタイ人男性の間では、この屋台はかなり有名でこんな定番ジョークがあったりする。

「ホアランポーンのソムタム屋台は、サークを客に用意させる」


 サークというのは、ソムタムを作る際に材料を入れた陶器の壺を突く棒のこと。もうお察しがついたかと思うが、サークを男性のアレ、陶器の壺を女性のアソコに見立てている。

この記事は役に立ちましたか?

役に立った
0
残り:2996文字/本文:3379文字
この記事を買った人はこれも買っています
      この記事を収録している本
      この本で最も売れている記事
      レビューを書くレビューを書く

      レビューを書いてポイントゲット!【詳細はこちら】

      この本の目次