読みたいトコだけ買える本。
犬耳書店
初めての方へ 記事一覧 無料登録 ログイン
0
300
kiji
0
0
1104272
0
進化し続けるイチロー
2
0
0
0
0
0
0
ルポ・エッセイ
お気に入りとは?

お気に入りボタンを押すとお気に入りリストにこのページが追加されます。興味のあるページ・気になったページを後から確認するのに便利です。

お気に入り お気に入り
第3章 イチロー外野手、世界最多安打達成後の会見(全文)

『進化し続けるイチロー』
[著]国際情勢研究会 [発行]ゴマブックス


読了目安時間:11分
この記事が役に立った
0
| |
文字サイズ


うれしいが、やはり通過点

――おめでとうございます。

イチロー ありがとうございます。


――4257安打を積み重ねた率直な感想から聞かせてください。

イチロー ここにゴールを設定したことがないので、実はそんなに大きなことという感じは全くしていないのです。けれどもチームメートだったり、記録のときはいつもそうですけど、ファンの方だったりと、ああいう反応をしてもらえるとすっごくうれしかったです。


 そこですね。それがなかったら、何にも大したことないです。


――場内の拍手についてどう思いましたか?

イチロー うーん、僕としては日米合わせた数字ということで、どうしたってケチが付くことはわかっているし、ここに目標を設定していなかったので、あまりやらないでと思っていたんですけど。


 でもそれは止められないですから。無視するのも失礼ですし。1本目のファイブフィートの内野安打ではなかなかそれはできなかったというか。まぁタイですしね。抜いたわけではなかったので。あそこでは絶対できなかったし。


 でも、ダグアウトからチームメートが喜んでくれている姿が見えたので、軽く返したということだったんです。さすがに2本目はしないことが僕の矜持だというところが少しありましたけど、それでもああされると、という感じですね。


――チームメートはベンチの中で並んで立って拍手していた。

この記事は役に立ちましたか?

役に立った
0
残り:4652文字/本文:5221文字
この記事を買った人はこれも買っています
      この記事を収録している本
      この本で最も売れている記事
      レビューを書くレビューを書く

      レビューを書いてポイントゲット!【詳細はこちら】

      この本の目次