読みたいトコだけ買える本。
犬耳書店
初めての方へ 記事一覧 無料登録 ログイン
0
-2
kiji
0
0
1104850
0
自衛隊の最新・最強兵器99の謎
2
0
0
0
0
0
0
エンタメ
お気に入りとは?

お気に入りボタンを押すとお気に入りリストにこのページが追加されます。興味のあるページ・気になったページを後から確認するのに便利です。

お気に入り お気に入り
Q71 「早期警戒機」の「E‐2C」は「早期警戒管制機」とどう違う?

『自衛隊の最新・最強兵器99の謎』
[編]自衛隊の謎検証委員会 [発行]彩図社


読了目安時間:2分
この記事が役に立った
0
| |
文字サイズ


「E‐2C」は、日本がレーダー網強化のために導入した、「早期警戒機」の一種である。


 調達のきっかけは、1976年の「ベレンコ中尉亡命事件」だ。この事件では、西側諸国への亡命を図るソ連空軍のベレンコ中尉が、「MiG25」で函館空港に着陸したのだが、日本の地上レーダーは、接近する機体を着陸直前まで探知できなかったのだ。


 これを教訓に、レーダー網の穴を埋めるべく、日本がアメリカから購入したのが、早期警戒機「E‐2(ホークアイ)」の派生型「E‐2C」なのである。

この記事は役に立ちましたか?

役に立った
0
残り:537文字/本文:766文字
この記事を買った人はこれも買っています
      この記事を収録している本
      この本で最も売れている記事
      レビューを書くレビューを書く

      レビューを書いてポイントゲット!【詳細はこちら】

      この本の目次