読みたいトコだけ買える本。
犬耳書店
初めての方へ 記事一覧 無料登録 ログイン

犬耳書店はRenta!へ統合いたします

(2021/11/26 追記)

犬耳書店の作品をRenta!に順次移行します。
詳しくはこちらでご確認いただきますよう、よろしくお願い申し上げます。

0
-1
kiji
0
1
1104952
0
ブラジル裏の歩き方
2
0
0
0
0
0
0
ルポ・エッセイ
お気に入りとは?

お気に入りボタンを押すとお気に入りリストにこのページが追加されます。興味のあるページ・気になったページを後から確認するのに便利です。

お気に入り お気に入り
まえがき

『ブラジル裏の歩き方』
[著]嵐よういち [発行]彩図社


読了目安時間:3分
この記事が役に立った
0
| |
文字サイズ



 まえがき




 いまやラテンアメリカ、いや、南半球を代表する経済大国になったブラジル。


 2014年にはFIFAワールドカップ、そして2016年にはリオ・デ・ジャネイロ・オリンピックという世界的なビッグイベントの開催を控える、いま世界でもっとも熱い国だ。


 ワールドカップの開催が近づいてきたこともあって、最近では日本でもブラジルの現状が報じられるようになってきた。しかし、意外なことに“ブラジルの旅”に関する情報はあまり多くない。ブラジルは日本から見て、ちょうど地球の反対側にある。あまりに遠すぎるので、わざわざ訪れる旅行者はいないと思われているのだろうか。


 たしかにブラジルは遠い。どんなに早い便を使ったとしても、丸一日は飛行機に乗り続けなければならない。飛行機や狭い所が苦手な人にとっては、ブラジルまでのフライトは拷問のように感じられることだろう。


 しかし、そんな代償を払っても、ブラジルは訪れる価値がある。


 俺は1997年に初めてブラジルを訪れて以来、この国のとりこになっている。


 変化に富んだ豊かな風土、底抜けに明るく人懐っこい国民性、様々な個性がミックスされた文化、そして、美しいブラジル人女性……。これまで俺は10回近くブラジルを訪れているが、退屈だと思ったことは一度もない。ブラジルには旅人を飽きさせない、魅力が溢れているのだ。


 本書はそんな“ブラジルの魅力”を紹介した本である。


 魅力を紹介するといっても、普通のガイドブックと同じことをしたのでは意味がない。そこはもちろん、普通のガイドブックに載らないような“裏の魅力”を中心に紹介している。


 第一章では「ホットなブラジル・夜遊びの旅」と称して、旅行者を魅了するブラジルのナイトライフを取り上げた。ブラジル、なかでも第一の都市であるサンパウロは世界で三本の指に数えられる夜遊びの楽しい街である。ボアッチやカラオケ・バー、クラブなど、耳寄りのサンパウロの夜遊び情報を解説している。


 第二章は「ディープなブラジル・体感ツアー」と題して、ブラジルの昼間の観光情報を載せた。世界的に有名なリオのカーニバルをはじめ、大西洋に面したサルバドール、サンパウロの東洋人街など、ブラジルに行ったらぜひ訪れてほしい“名所”を紹介している。


 第三章は「危ないブラジル・アンダーグラウンド」。ブラジルの危険情報を解説している。治安が悪いとされるブラジルだが、実際はどんな状況なのか。豊富な実体験を交えて紹介する。


 第四章は「ブラジル旅行のお役立ち情報」として、ブラジルを旅する上で最低限知っておきたい情報をまとめている。旅行の際に参考にしていただければ幸いだ。


 前置きはこのくらいでいいだろう。


 ブラジルでは、いったいどんな楽しみが旅行者を待ち受けているのか。ページをめくり、さっそくブラジルの“裏の旅”に出かけよう。

この記事は役に立ちましたか?

役に立った
0
残り:-5文字/本文:1172文字
この記事を買った人はこれも買っています
      この記事を収録している本
      この本で最も売れている記事
      レビューを書くレビューを書く

      レビューを書いてポイントゲット!【詳細はこちら】

      この本の目次