読みたいトコだけ買える本。
犬耳書店
初めての方へ 記事一覧 無料登録 ログイン

犬耳書店はRenta!へ統合いたします

(2021/11/26 追記)

犬耳書店の作品をRenta!に順次移行します。
詳しくはこちらでご確認いただきますよう、よろしくお願い申し上げます。

0
50
kiji
0
0
1105038
0
「トップアスリート」名語録 頂点を極めた彼らは、その時何を語ったか
2
0
0
0
0
0
0
ルポ・エッセイ
お気に入りとは?

お気に入りボタンを押すとお気に入りリストにこのページが追加されます。興味のあるページ・気になったページを後から確認するのに便利です。

お気に入り お気に入り
6 トップを追う者、トップを守る者

『「トップアスリート」名語録 頂点を極めた彼らは、その時何を語ったか』
[著]桑原晃弥 [発行]PHP研究所


読了目安時間:5分
この記事が役に立った
0
| |
文字サイズ

追い越そうとする努力より、
追い越されまいとする努力のほうが、はるかにむずかしい。――相撲 双葉山


「双葉の前に双葉なく、双葉の後に双葉なし」と言われる不世出の大横綱・双葉山は、三六年から三九年にかけて不滅の六九連勝を達成している。この無敵の強さを支えたのは、角界の頂点に立つ者として追い越されまいとする努力の継続だった。

 若い頃、「あの力士を追い越そう」とする時には自然と張り合いが出て、稽古にも熱が加わるが、追いつき追い越してしまうと、何となく心寂しく物足りない気持ちに襲われたと言う。さらに、追われる立場になると、追い越されないためには何倍もの努力が必要になり、こちらのほうがむずかしい。
この記事は役に立ちましたか?

役に立った
0
残り:2204文字/本文:2499文字
この記事を買った人はこれも買っています
      この記事を収録している本
      この本で最も売れている記事
      レビューを書くレビューを書く

      レビューを書いてポイントゲット!【詳細はこちら】

      この本の目次