読みたいトコだけ買える本。
犬耳書店
初めての方へ 記事一覧 無料登録 ログイン
0
-1
kiji
0
1
1106489
0
英国EU離脱の本当の理由!? いよいよドイツ発 金融恐慌が始まる!
2
0
1
0
0
0
0
経済・金融
お気に入りとは?

お気に入りボタンを押すとお気に入りリストにこのページが追加されます。興味のあるページ・気になったページを後から確認するのに便利です。

お気に入り お気に入り
EU離脱の茶番劇! いまごろ勉強するな!

『英国EU離脱の本当の理由!? いよいよドイツ発 金融恐慌が始まる!』
[著]松藤民輔 [著] 中島孝志 [発行]ゴマブックス


読了目安時間:2分
この記事が役に立った
1
| |
文字サイズ



 いま、英国でベストセラーになっている本があります。なんだと思いますか?

『EUの基本がわかる本』『猫でもわかるEU』『EUとはなにか?』……もちろん、ブラックジョークですが、しかし、あわててEUについて勉強している人は少なくないと思います。


 いまさらながらの泥縄勉強。一夜漬けの勉強ですけど、英国という国はいつもこうなのです。ドイツ、フランスから英国がなんと皮肉られているかご存じでしょうか?

「シンデレラの国」と言われているのです。深夜十二時までに帰らなくちゃいけないとわかっているのに、シンデレラはギリギリまで踊っていて、ガラスの靴を置き忘れてしまいました。時間がわかっているのですから、きちんと段取りをしていればいいのに、いつも泥縄なのです。


 まさにEU離脱劇と同じです。



 誰もの予測を裏切り、EU離脱が現実となります。すわ、「リーマンショックの再来か?」「それとも大恐慌か?」と、世界はいま総混迷、総混乱、総不安の様相を呈しています。


 国民投票日(六月二三日)に近づくほど、「残留派が過半数を占めた!」という噂が英国を代表するメディアを通じて世界中を駆けめぐりました。歴史を少々知っている人なら、「二〇〇年前の茶番劇の再演か……」と気づいたはずです。




この記事は役に立ちましたか?

役に立った
1
残り:0文字/本文:528文字
      この記事を収録している本
      レビューを書くレビューを書く
      この本の目次