読みたいトコだけ買える本。
犬耳書店
初めての方へ 記事一覧 無料登録 ログイン
0
-1
kiji
0
1
1107076
0
[証言録]海軍反省会 3
2
0
0
0
0
0
0
歴史
お気に入りとは?

お気に入りボタンを押すとお気に入りリストにこのページが追加されます。興味のあるページ・気になったページを後から確認するのに便利です。

お気に入り お気に入り
【内田発表】検討資料「大本営海軍部大東亜戦争開戦経緯に関する考察」

『[証言録]海軍反省会 3』
[編]戸高一成 [発行]PHP研究所


読了目安時間:5分
この記事が役に立った
0
| |
文字サイズ


内田 六三期の内田でございます。ここの研究会が、先輩のみなさんが、経験談に基づいて、教訓になる事を将来に残すというご趣旨である事は了解しておりますけれども、私はこれに関しましては、何もございませんので、ちょっと、ご趣旨と違う所も感ずるのではないかと思うんですけど、開戦経緯については、少し勉強して、後は事実についてお話ししたいと思います。


 当時の経験がございませんために、事実誤認、そういう所もあるかと思います。色んな点で間違っている所があるかと思いますが、それはあの、後ほど、ご指摘して頂きたいと思います。お手元にございます資料は、これは、防衛研修所戦史室で作ったものでございますけれども、戦史部の戦史としては、こういうものは出さない事にしてあります。それは、個人の意見が主でございまして、戦史というものは、個人の意見を出しちゃいかんという事になっているものですから、これはまぁ、検討した時のその検討資料というんですか。そういうもののために作ったものです。普通に話している時には話していますが、一般には、正式の書類としては出しておりません。私は、残された書類とそれから、若干の証言に基づいて、開戦経緯について辿っております関係上、足らない所がもちろんあると思うんでありますけれども、総論的に申しますならば、今まで私が拝聴した、だいぶその違う結論かとは思いますけれども、私は大東亜戦争っていうのは、少なくとも自衛戦争であったんであろうと。自衛戦争っていうものは、ある程度、その将来を見通してやるというようなものではないんで、多分、その時の危機を排除するという分野もあったんであろうと。それはその、別の立場から、最終の戦争終結までを踏まえた戦争でなきゃならなかったというような事を、なんて言いますか、オーソドックスな戦争論から言うと、太平洋戦争っていうのは、ちょっと、気の毒なのではないかという感じがまぁ、しておりますね。したがいまして、自衛戦争という事で、貫いていきますと言うと、今まで戦後言われてる、色んな意見が、少しずつ私には違っているように思われるわけでございます。


 では、自衛戦争とは、何にしろ戦争はこうであったので、どうすればいいかという事についての結論は、必要でありますけれども、それについて、私は、問題が大きくならないうちに、満州事変の頃から、手当てをしておかなければならなかった。それをやらなかったから、結果的に大病をやったんだという、大病にならないうちに、行く末を考えろという事が、会議の結論だと。これが総論になる。それから、戦争の起こった根源的な原因っていうんですか。宿命論とは違うんでありますけれども、その根本的によほど努力をしないと避けられなかったのではないかというような事を考えますると、私はあの、やはり、日本の大陸政策即ち対ソ政策でありまして、明治時代から、日本の国策、政策というものが、常に対ロ、対ソ防衛という事を基本に考えて作られておった。それは、色んな資料がございます。例えば、明治の四、五年頃に作られた、兵部省から出ております、色んな資料を見ましても、それは、田中義一だとか、山縣有朋などが書いた資料がありますけれども、それを見ましても、その、対ソ戦略、それが参謀本部の考え方であり、同時に、国策の基本であったと思うんです。ですから、満州に出ていき、それから韓国を併合して、あるいは、中支にまで出ていく。つまり、対ソ政策が原因になって、諸国の意見と衝突をして、そして非常に大きな手当てをしない限りは、ぶつかってゆく運命にあった。


 それから、二番目の問題は、やはり、喧嘩する時には片方だけが悪いわけではありませんので、米国の態度、米国が非常にかたくなな政策を取っておった。日本をやっつけなければいかんのだ、というような。そして終わりの頃は、一切の妥協を廃して、日本が引っ込むであろう事を期待した政策を取った。


 三番目の問題は、そのほかのこれも根源的な問題として、日本の憲法であるとか、あるいは、参謀本部の作った、色んな国防計画だとか、作戦計画、年度計画だとか、あるいは統帥の問題。統帥の問題と言いますと、統帥権の独立でありますけれど、それから、政治の権力のような問題力が非常に衰退していって、最後の頃は政党も存在しなかったというような問題です。


 この三つが、大きな根源的なもので、避けられない宿命的な問題です。しかし、戦争するのはそれだけじゃない。あらゆる時勢の流れの中に、動機はあったと思いますけれども、大きく見て、大陸にのめり込んだ、という事のほかに、それから引き出してきて、それから流れ込んでいると思うんでありますけれども、その三国同盟を作った。昭和十五年。それから、仏印に進駐している。そういう事で、運命を引き返しがたいものにしてしまった、という事が、直接の動機。


この記事は役に立ちましたか?

役に立った
0
残り:0文字/本文:2003文字
この記事を買った人はこれも買っています
      この記事を収録している本
      この本で最も売れている記事
      レビューを書くレビューを書く

      レビューを書いてポイントゲット!【詳細はこちら】

      この本の目次