読みたいトコだけ買える本。
犬耳書店
初めての方へ 記事一覧 無料登録 ログイン
0
50
kiji
0
0
1107080
0
[証言録]海軍反省会 3
2
0
0
0
0
0
0
歴史
お気に入りとは?

お気に入りボタンを押すとお気に入りリストにこのページが追加されます。興味のあるページ・気になったページを後から確認するのに便利です。

お気に入り お気に入り
軍令部令、及び省部互渉規定改正をめぐって

『[証言録]海軍反省会 3』
[編]戸高一成 [発行]PHP研究所


読了目安時間:5分
この記事が役に立った
0
| |
文字サイズ



 それと、統帥でありますけれど、海軍も陸軍と同じく、統帥権の独立を信奉している。しかし、軍令部総長の、軍令に対する責任は、全面的なものであるか、あるいは単に()(よく)についてのみであるかについては、法制上の解釈には、統一したものを持たなかったようである。ただ、慣習として、軍令部総長は一切の責任を自ら負うべき者として、疑問の余地はない。しかし、もし軍令部総長の軍令に関する責任は一身に引き受ける態度であるなら、天皇への上奏前、陸軍などと十分な意見の調整を行い、要すれば、天皇の内意を確認しつつ、名実共に国軍一体の軍令案を得て、上奏、(いん)(さい)を仰ぐ手続きが、より徹底したものでなければならないと思われる。

この記事は役に立ちましたか?

役に立った
0
残り:1987文字/本文:2298文字
この記事を買った人はこれも買っています
      この記事を収録している本
      この本で最も売れている記事
      レビューを書くレビューを書く

      レビューを書いてポイントゲット!【詳細はこちら】

      この本の目次