読みたいトコだけ買える本。
犬耳書店
初めての方へ 記事一覧 無料登録 ログイン
0
50
kiji
0
0
1107082
0
[証言録]海軍反省会 3
2
0
0
0
0
0
0
歴史
お気に入りとは?

お気に入りボタンを押すとお気に入りリストにこのページが追加されます。興味のあるページ・気になったページを後から確認するのに便利です。

お気に入り お気に入り
国際連盟脱退、軍縮条約破棄の背景

『[証言録]海軍反省会 3』
[編]戸高一成 [発行]PHP研究所


読了目安時間:4分
この記事が役に立った
0
| |
文字サイズ



 国際連盟脱退。


 満州国は昭和七年三月一日独立した。宣統帝を頭首とするシナ政権を樹立し、在満蒙各種民族の楽土たらしむる。というのが、関東軍の基本方針であった。しかし、宗教、民度、習慣等、生活態様を全く異にする異民族を、平等にして、全てに楽土を与える事は、言うべくして不可能である。国家が統治者と被統治者の関係によって成り立つものである以上、王道楽土という観念自体、非現実的なものであると言わざるを得ない。事実満州国は日本の属国たるの観を呈し、(いし)(わら)(かん)()(士21)、満州事変の作戦参謀を嘆かせた。


 満州国独立の成功は、確かに主として陸軍の功績である。

この記事は役に立ちましたか?

役に立った
0
残り:1613文字/本文:1901文字
この記事を買った人はこれも買っています
      この記事を収録している本
      この本で最も売れている記事
      レビューを書くレビューを書く

      レビューを書いてポイントゲット!【詳細はこちら】

      この本の目次