読みたいトコだけ買える本。
犬耳書店
初めての方へ 記事一覧 無料登録 ログイン
0
50
kiji
0
0
1107084
0
[証言録]海軍反省会 3
2
0
0
0
0
0
0
歴史
お気に入りとは?

お気に入りボタンを押すとお気に入りリストにこのページが追加されます。興味のあるページ・気になったページを後から確認するのに便利です。

お気に入り お気に入り
統帥部が作成する国防計画の矛盾

『[証言録]海軍反省会 3』
[編]戸高一成 [発行]PHP研究所


読了目安時間:4分
この記事が役に立った
0
| |
文字サイズ



 それから、七の国防方針の問題。


 参謀本部及び軍令部は、日露戦争当時からの伝統に従い、国防の基本方針、所要兵力量、年度作戦計画等、一連の国防に関する計画を立てていた。それを天皇に上奏し、天皇は、所要のものを総理大臣に見せ、政策へ反映させる手順が執られた。この計画制度に不都合を感じていたものは、当時ほとんどいなかったであろう。これは、大井(篤)さんが書いておられる。しかし、そこには非常に矛盾がある。矛盾の第一は、国防、すなわち国の軍事、非軍事にわたる安全保障を防衛、つまり狭い意味の国防と同一視し、国防を全て軍部の任務とした所に始まる。

この記事は役に立ちましたか?

役に立った
0
残り:1711文字/本文:1980文字
この記事を買った人はこれも買っています
      この記事を収録している本
      この本で最も売れている記事
      レビューを書くレビューを書く

      レビューを書いてポイントゲット!【詳細はこちら】

      この本の目次