読みたいトコだけ買える本。
犬耳書店
初めての方へ 記事一覧 無料登録 ログイン
0
30
kiji
0
0
1107089
0
[証言録]海軍反省会 3
2
0
0
0
0
0
0
歴史
お気に入りとは?

お気に入りボタンを押すとお気に入りリストにこのページが追加されます。興味のあるページ・気になったページを後から確認するのに便利です。

お気に入り お気に入り
一貫した対日非妥協政策

『[証言録]海軍反省会 3』
[編]戸高一成 [発行]PHP研究所


読了目安時間:2分
この記事が役に立った
0
| |
文字サイズ



 次、米国の対日態度。


 米国のハル長官と、その背後にあったホーンベック外交顧問の、一致した態度は、自らの意中を示す事なく、日本の譲歩を待つ事であった。その意中とは、陸軍が主導権を取る政府である限り、日本と話し合う事は無駄であり、また日本のような小国が米国のような大国に戦いを挑む事はあり得ないのであり、圧迫を続ければ、いずれは内部分裂をして、対米譲歩のほかはなくなるに違いないというのである。

この記事は役に立ちましたか?

役に立った
0
残り:423文字/本文:619文字
この記事を買った人はこれも買っています
      この記事を収録している本
      この本で最も売れている記事
      レビューを書くレビューを書く

      レビューを書いてポイントゲット!【詳細はこちら】

      この本の目次