読みたいトコだけ買える本。
犬耳書店
初めての方へ 記事一覧 無料登録 ログイン
0
30
kiji
0
0
1107090
0
[証言録]海軍反省会 3
2
0
0
0
0
0
0
歴史
お気に入りとは?

お気に入りボタンを押すとお気に入りリストにこのページが追加されます。興味のあるページ・気になったページを後から確認するのに便利です。

お気に入り お気に入り
「総理一任」をめぐる誤解

『[証言録]海軍反省会 3』
[編]戸高一成 [発行]PHP研究所


読了目安時間:3分
この記事が役に立った
0
| |
文字サイズ



 総理一任。


 これも、研究者の最も貶す所ではありますが、開戦決意か交渉継続かの決定は、十月十二日の五相会議で行われた。及川(古志郎)海相は、その決意は、総理に一任したいと述べた。豊田(貞次郎)外相(第三次近衛内閣)は、駐兵問題に多少アヤを付ければ日米交渉妥協の余地あり、と言い、東条(英機・士17)陸相は、駐兵問題について一歩も譲れぬと述べ、何らまとまる所はなかった。

この記事は役に立ちましたか?

役に立った
0
残り:1103文字/本文:1287文字
この記事を買った人はこれも買っています
      この記事を収録している本
      この本で最も売れている記事
      レビューを書くレビューを書く

      レビューを書いてポイントゲット!【詳細はこちら】

      この本の目次