読みたいトコだけ買える本。
犬耳書店
初めての方へ 記事一覧 無料登録 ログイン
0
50
kiji
0
0
1107102
0
[証言録]海軍反省会 3
2
0
0
0
0
0
0
歴史
お気に入りとは?

お気に入りボタンを押すとお気に入りリストにこのページが追加されます。興味のあるページ・気になったページを後から確認するのに便利です。

お気に入り お気に入り
政治が圧倒されて統帥が主導権を握った時代

『[証言録]海軍反省会 3』
[編]戸高一成 [発行]PHP研究所


読了目安時間:6分
この記事が役に立った
0
| |
文字サイズ


土肥 扇さん、何か。

 はい。一つ、えー、盧溝橋事件から、その年の一杯を何をしておったかと、戦争指導の上で、これは一つの問題点であろうと思います。それで、私、丁度戦争指導班におったものですから、こないだから、色んな問題が出てきますけれども、一番腐心したのは、どうしてこの戦を収拾するかと。どうにも、こう目当てがつかない、という状態。毎日横井(忠雄・兵43)さんと、その事ばっかり言っておった。それで、ある時期にですね、陸軍が、この線まで行ったらやめると、何回か言ってきておるんです。それで、一部長が、近藤(信竹)さんですが、一部長から、休戦条約を考えておけ、と言われた。私、案を書いた、はっきり覚えていませんが、二回か三回くらい書いています。

この記事は役に立ちましたか?

役に立った
0
残り:2528文字/本文:2849文字
この記事を買った人はこれも買っています
      この記事を収録している本
      この本で最も売れている記事
      レビューを書くレビューを書く

      レビューを書いてポイントゲット!【詳細はこちら】

      この本の目次