読みたいトコだけ買える本。
犬耳書店
初めての方へ 記事一覧 無料登録 ログイン
0
50
kiji
0
0
1107108
0
[証言録]海軍反省会 3
2
0
0
0
0
0
0
歴史
お気に入りとは?

お気に入りボタンを押すとお気に入りリストにこのページが追加されます。興味のあるページ・気になったページを後から確認するのに便利です。

お気に入り お気に入り
日本海軍のレーダー開発

『[証言録]海軍反省会 3』
[編]戸高一成 [発行]PHP研究所


読了目安時間:6分
この記事が役に立った
0
| |
文字サイズ



 それでは、何でそんなになったのかといいますと、まず、日本海軍のレーダーの研究は、一体どうやったんだと申しますと、この発端は、決して遅くはないんです。もともと、短波の通信は、電離層の屈折で地表に戻ってくる。地表の反射で、また上に上がる。そういう事で、遠くまで届くんでございます。したがって、電離層の高さを調べることは、短波通信には、非常に必要なんです。それの研究を、海軍では昭和五年頃からやっているわけです。どういう事をやるかと申しますと、この初めは、短い電波を打ち上げるわけです。そうしますと、電離層から戻ってくる、それの時間によって、どの高さに電離層があるか、しかも、一つではなくて、いくつも戻ってきますから、どの高さと、どの高さにある。

この記事は役に立ちましたか?

役に立った
0
残り:2545文字/本文:2866文字
この記事を買った人はこれも買っています
      この記事を収録している本
      この本で最も売れている記事
      レビューを書くレビューを書く

      レビューを書いてポイントゲット!【詳細はこちら】

      この本の目次