読みたいトコだけ買える本。
犬耳書店
初めての方へ 記事一覧 無料登録 ログイン
0
50
kiji
0
0
1107119
0
[証言録]海軍反省会 3
2
0
0
0
0
0
0
歴史
お気に入りとは?

お気に入りボタンを押すとお気に入りリストにこのページが追加されます。興味のあるページ・気になったページを後から確認するのに便利です。

お気に入り お気に入り
日本の潜水艦の戦果が挙がらなかった理由

『[証言録]海軍反省会 3』
[編]戸高一成 [発行]PHP研究所


読了目安時間:6分
この記事が役に立った
0
| |
文字サイズ


鳥巣 ええ、中島さんに、ちょっと、関連がありますので、申し上げます。で、まず、伊六五潜なんですが、実は私、当時は乗ってなかったんですが、後で、私がこの伊六五潜の艦長になりまして、当時の司令官、寺岡(正雄・兵46)さんの下で、インド洋で作戦をしたんです。それで、通信が約二時間遅れたという話でありますが、これも、勿論、私もその時はいなかったんですけども、潜水艦は一応、潜りましてですね、そこで、まぁ、暗号を作りまして、ある程度、半潜行状態になって、潜望鏡の横にあります、昇降用短波送信杖を出しまして、発信するわけであります。したがって、水上艦艇のように、早く通信するという事は、やはりできませんので、二時間は、ちょっと遅いと思いますけれども、多少の時間がかかったのは、やむを得なかったんじゃないか。

この記事は役に立ちましたか?

役に立った
0
残り:2481文字/本文:2829文字
この記事を買った人はこれも買っています
      この記事を収録している本
      この本で最も売れている記事
      レビューを書くレビューを書く

      レビューを書いてポイントゲット!【詳細はこちら】

      この本の目次