読みたいトコだけ買える本。
犬耳書店
初めての方へ 記事一覧 無料登録 ログイン
0
30
kiji
0
0
1107123
0
[証言録]海軍反省会 3
2
0
0
0
0
0
0
歴史
お気に入りとは?

お気に入りボタンを押すとお気に入りリストにこのページが追加されます。興味のあるページ・気になったページを後から確認するのに便利です。

お気に入り お気に入り
電探射撃で遠近弾の観測はできるのか

『[証言録]海軍反省会 3』
[編]戸高一成 [発行]PHP研究所


読了目安時間:3分
この記事が役に立った
0
| |
文字サイズ


土肥 松田先生どうぞ。

松田 さっきも申し上げたんですが、日向の艦長で、ミッドウェー作戦の時の北方部隊で霧中航行で何日間か過ごしたんです。あの時海軍で持っていたの(レーダー)は、方向と位置だけ。私の所でずっと一回り見回していたので、みな配置が分かるんです。ですからあの濃霧中でも、編隊航行に差し支えないということを私は確認した。


 それでね、それから一年経って、十八年の八月頃、大和に射撃用電探を付けてもらった。

この記事は役に立ちましたか?

役に立った
0
残り:827文字/本文:1031文字
この記事を買った人はこれも買っています
      この記事を収録している本
      この本で最も売れている記事
      レビューを書くレビューを書く

      レビューを書いてポイントゲット!【詳細はこちら】

      この本の目次