読みたいトコだけ買える本。
犬耳書店
初めての方へ 記事一覧 無料登録 ログイン
0
50
kiji
0
0
1107130
0
[証言録]海軍反省会 3
2
0
0
0
0
0
0
歴史
お気に入りとは?

お気に入りボタンを押すとお気に入りリストにこのページが追加されます。興味のあるページ・気になったページを後から確認するのに便利です。

お気に入り お気に入り
ポーランド侵攻とイギリスの挙兵

『[証言録]海軍反省会 3』
[編]戸高一成 [発行]PHP研究所


読了目安時間:6分
この記事が役に立った
0
| |
文字サイズ



 ヒトラーは、ずっとソ連を攻撃しているが、今度は独ソの間の和平をやったらどうか。これは保科(善四郎・兵41)さんに関係している、日本から忠告したらどうだと。東京で私は戦争中、出かける前に重光((まもる))さんに呼ばれて、一緒に食事をしながら話をした。東京に来ているスターマーに相談したって相手にしない。相手にしないわけですよ。ヒトラーにその気持ちがない。独ソの和平はヒトラーは絶対に考えていない。それはおかしいんですよね。ヒトラーとすると、ソ連を敵にしている事でイギリスも味方してくれるだろうという、その希望がちょっとあるんです。ソ連を敵にするんで、ヨーロッパ全体が反共をやろう、反共をやろうと宣伝している。

この記事は役に立ちましたか?

役に立った
0
残り:2234文字/本文:2539文字
この記事を買った人はこれも買っています
      この記事を収録している本
      この本で最も売れている記事
      レビューを書くレビューを書く

      レビューを書いてポイントゲット!【詳細はこちら】

      この本の目次