読みたいトコだけ買える本。
犬耳書店
初めての方へ 記事一覧 無料登録 ログイン
0
50
kiji
0
0
1107139
0
[証言録]海軍反省会 3
2
0
0
0
0
0
0
歴史
お気に入りとは?

お気に入りボタンを押すとお気に入りリストにこのページが追加されます。興味のあるページ・気になったページを後から確認するのに便利です。

お気に入り お気に入り
日本の親独派に有利な情報ばかり流す大島大使

『[証言録]海軍反省会 3』
[編]戸高一成 [発行]PHP研究所


読了目安時間:9分
この記事が役に立った
0
| |
文字サイズ


大井 小島さん、あんたにね、先ほどのあなたにきっと参考になると思われる、私一つ情報っていうか持っております。というのは、大島(浩)さんですね、大島さんはですね、ドイツの事ばっかり聞いてるんじゃなくて、ドイツの事聞いておれば良かったんですけれども、ドイツの事を聞かないっていうのがあるんですよ。聞かないために、非常に日本の判断を誤らせたというよりは、訂正させなかったという。というのは、西郷従吾さんがね、西郷従吾さん、この人が私どもと軍事研究なんかやってる。陸軍の人とそれから統幕の人なんです、海軍もいますが。そんな研究会で報告されたんですから、これは真剣に調査の上で、調査というか不正確でなくて言った事だと思うんですが、独ソ開戦が起きた時に、七月の下旬から約一カ月にわたって、(大島さんが)東部戦線を視察に行ったんだそうです、そしてその時は、西郷さんだけが西郷従吾氏が付いていった、たった二人。そうしたら最初にですね、これは確かBとかSで始まるような大将がおりました。


 あそこの軍司令官で、とにかくですね、二つの司令部で、これは大変な事になったと言うんだそうです、ソ連はとても強いぞって考えたわけですね。

この記事は役に立ちましたか?

役に立った
0
残り:3925文字/本文:4427文字
この記事を買った人はこれも買っています
      この記事を収録している本
      この本で最も売れている記事
      レビューを書くレビューを書く

      レビューを書いてポイントゲット!【詳細はこちら】

      この本の目次