読みたいトコだけ買える本。
犬耳書店
初めての方へ 記事一覧 無料登録 ログイン
0
50
kiji
0
0
1107143
0
[証言録]海軍反省会 3
2
0
0
0
0
0
0
歴史
お気に入りとは?

お気に入りボタンを押すとお気に入りリストにこのページが追加されます。興味のあるページ・気になったページを後から確認するのに便利です。

お気に入り お気に入り
ソ連攻撃の内報はなかった

『[証言録]海軍反省会 3』
[編]戸高一成 [発行]PHP研究所


読了目安時間:4分
この記事が役に立った
0
| |
文字サイズ


矢牧 私も一つ課題をですね、開戦是非論というのを書いて出せと。要するに開戦是非論という事は、戦略の両輪の一つである政略面だと私は思うんです。色んなことを。


 ところが、ヒトラーが怪我をして、ベルリンの近くの病院におるでしょう、その病院におる間に、赤の連中が、どんどんどんどん動くのを見て、西方諸国のために戦っていると明言した。じゃないだろう。

小島 ヒトラーの考えは、「我が闘争」に書いてあるね。だいたい彼の考えがずっと出てくる。ヒトラーの考えは、有色人種という中に日本も入っとったね、当然でしょうけど、有色人種を軽蔑した文句があるんですよ。

この記事は役に立ちましたか?

役に立った
0
残り:1272文字/本文:1541文字
この記事を買った人はこれも買っています
      この記事を収録している本
      この本で最も売れている記事
      レビューを書くレビューを書く

      レビューを書いてポイントゲット!【詳細はこちら】

      この本の目次