読みたいトコだけ買える本。
犬耳書店
初めての方へ 記事一覧 無料登録 ログイン
0
50
kiji
0
0
1107156
0
[証言録]海軍反省会 3
2
0
0
0
0
0
0
歴史
お気に入りとは?

お気に入りボタンを押すとお気に入りリストにこのページが追加されます。興味のあるページ・気になったページを後から確認するのに便利です。

お気に入り お気に入り
【質疑応答・所見】米戦力よりも優れた砲術技術をもっと主張すべきだったのでは

『[証言録]海軍反省会 3』
[編]戸高一成 [発行]PHP研究所


読了目安時間:5分
この記事が役に立った
0
| |
文字サイズ


土肥 今のご意見に対して、何か質問があれば、この際どうぞ。

三代 私が軍令部に着任したのは、昭和十四年の十一月ですけれども、その頃辺りなんですが、上の人辺りには砲術屋がいっぱいおりましたな。やっぱり砲術が優秀だと信じておったわけですかね。そういう関係で、軍令部には飛行機の事知ってんのは私一人だったんです。三部にクラスメート(大谷稲穂・兵51)がおりましたが。そういう関係で、飛行機の事は全部私に任せざるを得ないという状況でしたな。ああいう状況において、砲術が非常に、あんたが言われるみたいに、対米の戦力が何倍かあるというんだったらですね、もうちょっと主張してしかるべきじゃないかと思うんですが。

この記事は役に立ちましたか?

役に立った
0
残り:2150文字/本文:2447文字
この記事を買った人はこれも買っています
      この記事を収録している本
      この本で最も売れている記事
      レビューを書くレビューを書く

      レビューを書いてポイントゲット!【詳細はこちら】

      この本の目次