読みたいトコだけ買える本。
犬耳書店
初めての方へ 記事一覧 無料登録 ログイン
0
50
kiji
0
0
1107158
0
[証言録]海軍反省会 3
2
0
0
0
0
0
0
歴史
お気に入りとは?

お気に入りボタンを押すとお気に入りリストにこのページが追加されます。興味のあるページ・気になったページを後から確認するのに便利です。

お気に入り お気に入り
昭和十五年頃の艦隊編制では対米戦は不可能

『[証言録]海軍反省会 3』
[編]戸高一成 [発行]PHP研究所


読了目安時間:7分
この記事が役に立った
0
| |
文字サイズ


三代 今のに関係ないかもしれんが、わしの質問をしましょう。私はまず、航空関係のやつは、みな書く気でおりますけれども、私が着任したのは昭和十四年の十一月一日、軍令部に着任しました。その年の四月からですね、(マルヨン)軍備がスタートしておりました。その内容を見ますと、航空に関しては、大型機の計画もありましたけれども、足の短いやつばっかりで、こんなものでは、せいぜいシナ大陸へ行って、対支作戦でもやるくらいしかないだろうと私は感じたわけです。そして搭乗員が少ない、飛行機の生産能力が貧弱であると、こういう事ではもう対米作戦なんか考えるわけにいかんという事で、とにかく今のような状況においては駄目だと思った。というのは、私の着任する三カ月ですか、欧州大戦が始まりまして、その前には、その前年の末には、ルーズベルト大統領が、もしヨーロッパに戦争が起こったら、英仏側について参戦すると、こういう事を言っとったわけです。

この記事は役に立ちましたか?

役に立った
0
残り:2936文字/本文:3340文字
この記事を買った人はこれも買っています
      この記事を収録している本
      この本で最も売れている記事
      レビューを書くレビューを書く

      レビューを書いてポイントゲット!【詳細はこちら】

      この本の目次