読みたいトコだけ買える本。
犬耳書店
初めての方へ 記事一覧 無料登録 ログイン
0
50
kiji
0
0
1107162
0
[証言録]海軍反省会 3
2
0
0
0
0
0
0
歴史
お気に入りとは?

お気に入りボタンを押すとお気に入りリストにこのページが追加されます。興味のあるページ・気になったページを後から確認するのに便利です。

お気に入り お気に入り
大艦巨砲の戦法から航空戦へ

『[証言録]海軍反省会 3』
[編]戸高一成 [発行]PHP研究所


読了目安時間:6分
この記事が役に立った
0
| |
文字サイズ


鳥巣 黛さんのこの、読まして頂きまして、私非常に感じましたのはね、今から三百年以上前の、いわゆる、この大和、武蔵はですな、宮本武蔵だという感じがするんですよ。


 要するに、大和、武蔵の大砲はですな、当時の刀だと。確かに大和、武蔵がアメリカの戦艦と砲戦やれば、宮本武蔵が吉岡一門をなぎ倒したような戦果を挙げる事ができたかもしれない。しかしあの当時鉄砲はできておりました。そして、当時の鉄砲は大東亜戦争における飛行機であります。いかに宮本武蔵が強くてもですな、とにかく乱戦になる可能性は極めて少なかった、「影武者」(黒澤明、一九八〇年公開)をご覧になったと思いますけれども、突撃していった所が鉄砲で全部撃ち倒された。

この記事は役に立ちましたか?

役に立った
0
残り:2199文字/本文:2504文字
この記事を買った人はこれも買っています
      この記事を収録している本
      この本で最も売れている記事
      レビューを書くレビューを書く

      レビューを書いてポイントゲット!【詳細はこちら】

      この本の目次