読みたいトコだけ買える本。
犬耳書店
初めての方へ 記事一覧 無料登録 ログイン
0
50
kiji
0
0
1107163
0
[証言録]海軍反省会 3
2
0
0
0
0
0
0
歴史
お気に入りとは?

お気に入りボタンを押すとお気に入りリストにこのページが追加されます。興味のあるページ・気になったページを後から確認するのに便利です。

お気に入り お気に入り
最大射程からの砲戦は平時の訓練から

『[証言録]海軍反省会 3』
[編]戸高一成 [発行]PHP研究所


読了目安時間:6分
この記事が役に立った
0
| |
文字サイズ


鈴木 あと五分しかないけどいいですか。

土肥 いいですよ。

鈴木 私は鉄砲屋でありまして、黛さんの昭和十四年の時、私は(砲術学校)高等科学生で、黛教官から砲戦術を教わった一人でございます。あの当時は黛さんは、まことに日本の砲術界では神様のように、そういうような評価と言いましょうか、感じて講義を聴いたわけでございます。その時に今では、アメリカの砲戦と日本の砲戦と、それから戦艦であろうと思いますけれども戦艦の力は格段の相違があって、日本のほうが勝っておったんだと、黛さんがおっしゃっておられます。当時我々が学生で聞いた所によると、必ずしもそういうように日本の砲戦術が優秀で、命中率も数倍になっとるというようには、砲戦術では知りませんでした。

この記事は役に立ちましたか?

役に立った
0
残り:2593文字/本文:2911文字
この記事を買った人はこれも買っています
      この記事を収録している本
      この本で最も売れている記事
      レビューを書くレビューを書く

      レビューを書いてポイントゲット!【詳細はこちら】

      この本の目次