読みたいトコだけ買える本。
犬耳書店
初めての方へ 記事一覧 無料登録 ログイン
0
50
kiji
0
0
1107194
0
[証言録]海軍反省会 3
2
0
0
0
0
0
0
歴史
お気に入りとは?

お気に入りボタンを押すとお気に入りリストにこのページが追加されます。興味のあるページ・気になったページを後から確認するのに便利です。

お気に入り お気に入り
魚雷戦の訓練は戦艦部隊が中心──局地戦の演習は行わなかった

『[証言録]海軍反省会 3』
[編]戸高一成 [発行]PHP研究所


読了目安時間:4分
この記事が役に立った
0
| |
文字サイズ



 それから後、ちょっと反省と教訓としてその辺をひとつ拾ってみたいと思います。まず、我が海軍は、戦前久しきにわたって、戦艦部隊を主力とする艦隊の洋上決戦に固執したため、各術科の戦術訓練、艦艇兵器の研究関係、すべてこれ合わせた。魚雷戦の攻撃目標も敵部隊の戦艦に絞られるような、絞られすぎた感がある。例えば、さっきの艦隊決戦における構想においても、目標がもう戦艦、戦艦、頭がそれでいっぱいだったように思います。今から考えると。だからあの時での、敵の警戒部隊、阻止部隊といいますか、敵もやってるんですよ。それに対して、邪魔になる敵の阻止部隊、警戒部隊を排除していかなきゃいかん。

この記事は役に立ちましたか?

役に立った
0
残り:1590文字/本文:1875文字
この記事を買った人はこれも買っています
      この記事を収録している本
      この本で最も売れている記事
      レビューを書くレビューを書く

      レビューを書いてポイントゲット!【詳細はこちら】

      この本の目次