読みたいトコだけ買える本。
犬耳書店
初めての方へ 記事一覧 無料登録 ログイン
0
50
kiji
0
0
1107197
0
[証言録]海軍反省会 3
2
0
0
0
0
0
0
歴史
お気に入りとは?

お気に入りボタンを押すとお気に入りリストにこのページが追加されます。興味のあるページ・気になったページを後から確認するのに便利です。

お気に入り お気に入り
【質疑応答・所見】九三式魚雷の自爆について

『[証言録]海軍反省会 3』
[編]戸高一成 [発行]PHP研究所


読了目安時間:4分
この記事が役に立った
0
| |
文字サイズ


松田 ちょっと質問したいんですけど。九三魚雷の自爆とはどういう現象ですか。

有田 さっき言いましたが、魚雷撃ち出しましてね、本当に駛走状態に入る前に爆発尖が可動していっちゃうんです。船から出た直後に。

松田 いや、自爆の現象ですがね、自爆するような信管を付けたとかね、それは何が目的なの。非常に鋭敏な魚雷の信管を付けたでしょ。それはどういう目的なの。

有田 それはね、もともと用兵側のね、起爆装置っていうのに対する感度ね、これ非常にシビアなもんですよ。これを何とかやってたわけですね。ところが九三魚雷ができますと、出た時のスピードが違う、頭の形状が違う、それなのに、今までと同じように作っとった。

この記事は役に立ちましたか?

役に立った
0
残り:1690文字/本文:1985文字
この記事を買った人はこれも買っています
      この記事を収録している本
      この本で最も売れている記事
      レビューを書くレビューを書く

      レビューを書いてポイントゲット!【詳細はこちら】

      この本の目次