読みたいトコだけ買える本。
犬耳書店
初めての方へ 記事一覧 無料登録 ログイン
0
50
kiji
0
0
1107198
0
[証言録]海軍反省会 3
2
0
0
0
0
0
0
歴史
お気に入りとは?

お気に入りボタンを押すとお気に入りリストにこのページが追加されます。興味のあるページ・気になったページを後から確認するのに便利です。

お気に入り お気に入り
日本の駆逐艦はアメリカの潜水艦に三〇%も撃沈された

『[証言録]海軍反省会 3』
[編]戸高一成 [発行]PHP研究所


読了目安時間:9分
この記事が役に立った
0
| |
文字サイズ


松田 先ほどの話で駆逐艦が潜水艦に三〇%も撃沈されたんです。あべこべならまだましだよ。アメリカの潜水艦は日本の駆逐艦の三〇%。その全然逆なんだよ。どうもその辺の事がよく分からない。

土肥 それは記録があると思います。被害の表をアメリカが出してますんで、それを丹念に拾っていけば数字は出る。日本の駆逐艦がね、アメリカの潜水艦にやられてると、たくさん。これ逆のような気がすると、松田さんはおっしゃっている。

有田 だから、逆転されたわけですよ。

寺崎 向こうはソナーとか、色々な攻撃兵器はね、駆逐艦でも持ってるわけですよ。日本の駆逐艦でソナーなんて持ってるものないでしょ。

 いや、それは付けましたよ、一生懸命。

寺崎 それはしまいでしょ。初めからは持ってないでしょ、持ってるの。

有田 艦隊に装備された、開戦当時にね、例えば、駆逐艦でソナーの装備なんかの指令は、「戦史叢書」なんかに出てる。それで、私らは陽炎、陽炎型の第一艦で、九三式探信儀、アクティブの、それから、やっぱり九三式の聴音器は、水中聴音機です。それで私、十五年の末から十七年の末まで、ずっと、先ほど申しましたけど、艦隊の訓練してた。

この記事は役に立ちましたか?

役に立った
0
残り:3831文字/本文:4323文字
この記事を買った人はこれも買っています
      この記事を収録している本
      この本で最も売れている記事
      レビューを書くレビューを書く

      レビューを書いてポイントゲット!【詳細はこちら】

      この本の目次