読みたいトコだけ買える本。
犬耳書店
初めての方へ 記事一覧 無料登録 ログイン
0
50
kiji
0
0
1107214
0
[証言録]海軍反省会 3
2
0
0
0
0
0
0
歴史
お気に入りとは?

お気に入りボタンを押すとお気に入りリストにこのページが追加されます。興味のあるページ・気になったページを後から確認するのに便利です。

お気に入り お気に入り
大和艤装中に射撃指揮系統の変更、水中防御の強化を具申

『[証言録]海軍反省会 3』
[編]戸高一成 [発行]PHP研究所


読了目安時間:5分
この記事が役に立った
0
| |
文字サイズ



 それから、昭和十六年の暮れから戦争が始まって、十七年の前半にはかなりの海戦があった。それから十八年の三月にはアッツ島沖の海戦などあって、十七年の八月八日のツラギの夜戦以外は極めてまずい射撃が多かった。ところが私が十八年の二月に砲術学校に行った時はまだ戦訓というものが十分に研究されていなかった。そこで私は、砲戦術の教官がいないので、お前兼ねてやれ。と言われましたんで、まあ、好きな道ですから大して苦労はないんですが、「砲戦教範」を見ると、まことに旧式なので戦訓を加味して改正案を出したんです。しかし、もうその頃は戦争が始まって一年くらいで、アメリカ海軍とは、まともな決戦ができないような兵力になりまして、そういう砲戦教範の改正案はレイテ沖の海戦辺りで持っていても、何ら役割はしなかったという事になります。

この記事は役に立ちましたか?

役に立った
0
残り:1713文字/本文:2066文字
この記事を買った人はこれも買っています
      この記事を収録している本
      この本で最も売れている記事
      レビューを書くレビューを書く

      レビューを書いてポイントゲット!【詳細はこちら】

      この本の目次