読みたいトコだけ買える本。
犬耳書店
初めての方へ 記事一覧 無料登録 ログイン
0
50
kiji
0
0
1107233
0
[証言録]海軍反省会 3
2
0
0
0
0
0
0
歴史
お気に入りとは?

お気に入りボタンを押すとお気に入りリストにこのページが追加されます。興味のあるページ・気になったページを後から確認するのに便利です。

お気に入り お気に入り
対米開戦論の影に、ヒトラーへの過信

『[証言録]海軍反省会 3』
[編]戸高一成 [発行]PHP研究所


読了目安時間:5分
この記事が役に立った
0
| |
文字サイズ



 だから昭和十六年秋における日米交渉の最重点は、三国同盟の廃棄、ないしは空洞化問題にあったはずだが、近衛も東条もこれを真剣に取り上げなかった。大統領との会談でなんとか話し合いがつくと考えるなど、極めて軽く片付けた。だが、これではとても米国に通ずるわけはない。三国同盟の空洞化という事になれば、文書で取り決めるという事を米国が要求する事はもちろんだろうし、それだけではなく、外務、陸海軍の要職から枢軸派を転出させるとか、革新右翼団体の活動を取り締まるとかなどを要求してくるに違いなかった。当時私などは現実にそんな話を気の合った仲間同士でこっそりと話し合ったこともあった。

この記事は役に立ちましたか?

役に立った
0
残り:2109文字/本文:2393文字
この記事を買った人はこれも買っています
      この記事を収録している本
      この本で最も売れている記事
      レビューを書くレビューを書く

      レビューを書いてポイントゲット!【詳細はこちら】

      この本の目次