読みたいトコだけ買える本。
犬耳書店
初めての方へ 記事一覧 無料登録 ログイン
0
50
kiji
0
0
1107235
0
[証言録]海軍反省会 3
2
0
0
0
0
0
0
歴史
お気に入りとは?

お気に入りボタンを押すとお気に入りリストにこのページが追加されます。興味のあるページ・気になったページを後から確認するのに便利です。

お気に入り お気に入り
開戦時の状況は、事象の見方によって異なる

『[証言録]海軍反省会 3』
[編]戸高一成 [発行]PHP研究所


読了目安時間:7分
この記事が役に立った
0
| |
文字サイズ


内田 基本的には私は大井さんに賛成ですが、こういう事を言いたかった。それはあの大井さんが幕僚の時に、南部仏印進駐で、陸軍を蹴って引き下がられた、珍しい例でありますけれど、ああいう喧嘩がですね、明治時代からずっと続くような内閣、陸海軍大臣であったら、大東亜戦争も起きなかったであろう、というのが、私の見方でございまして、及川(古志郎)さんが、その時陸軍に、どうしろということは、もう少し言われても良かったと思いますが、陸海軍のウエイトと言いますか、陸軍は、海軍の言う事を聞かなくては、何もできないという気持ちにさせるような努力が、歴代海軍大臣の中にあったのか、なかったのか。及川さんが、あの時に言われてもですね、私は、終局的には、戦争はやらなければならない状況に立ち至ったと思っております。

この記事は役に立ちましたか?

役に立った
0
残り:2768文字/本文:3112文字
この記事を買った人はこれも買っています
      この記事を収録している本
      この本で最も売れている記事
      レビューを書くレビューを書く

      レビューを書いてポイントゲット!【詳細はこちら】

      この本の目次