読みたいトコだけ買える本。
犬耳書店
初めての方へ 記事一覧 無料登録 ログイン
0
50
kiji
0
0
1107243
0
[証言録]海軍反省会 3
2
0
0
0
0
0
0
歴史
お気に入りとは?

お気に入りボタンを押すとお気に入りリストにこのページが追加されます。興味のあるページ・気になったページを後から確認するのに便利です。

お気に入り お気に入り
海軍大臣は政治全般、国家の方向にも責任があるはず

『[証言録]海軍反省会 3』
[編]戸高一成 [発行]PHP研究所


読了目安時間:5分
この記事が役に立った
0
| |
文字サイズ


土肥 中島(親孝・兵54)さん。

中島 えー、私は例によってちょっと捻くれた事を申しますが、この本は要するに歴史家の立場から見てですね、色んな資料を読み、勉強してそれをまとめた物である。そういう点においてこれ一つの、よく研究されてると思います。その基はどこにあるかと申しますと、海軍関係の資料、非常に少ないですね。陸軍のほうは色んな記録が残ってる。その関係で、あるいは、その他の書類からいいましても、海軍の本音がどこにあるか、分かる資料は少ないような気がする。そのためにこういうふうになったんだと。その元を少し考えてみますと、私が、この下っ端の、軍令部の下っ端に開戦前におりまして、その時肌で感じた事は、十五年の後半頃からどんどん戦争に向かって進んでいるように感じました。

この記事は役に立ちましたか?

役に立った
0
残り:1934文字/本文:2269文字
この記事を買った人はこれも買っています
      この記事を収録している本
      この本で最も売れている記事
      レビューを書くレビューを書く

      レビューを書いてポイントゲット!【詳細はこちら】

      この本の目次