読みたいトコだけ買える本。
犬耳書店
初めての方へ 記事一覧 無料登録 ログイン

犬耳書店はRenta!へ統合いたします

(2021/9/29 UP)

犬耳書店は、姉妹店のRenta!(レンタ)へ統合いたします。
詳しくはこちらでご確認いただきますよう、よろしくお願い申し上げます。

0
-1
kiji
0
1
1107890
0
貧困とセックス
2
0
0
0
0
0
0
政治・社会
お気に入りとは?

お気に入りボタンを押すとお気に入りリストにこのページが追加されます。興味のあるページ・気になったページを後から確認するのに便利です。

お気に入り お気に入り
はじめに

『貧困とセックス』
[著]中村淳彦 [著] 鈴木大介 [発行]イースト・プレス


読了目安時間:4分
この記事が役に立った
0
| |
文字サイズ

はじめに 鈴木大介


 (なか)(むら)(あつ)(ひこ)氏と(すず)()(だい)(すけ)が貧困問題について対談?

 どちらの固定読者にも違和感があるかもしれないが、もともと、僕らはエロや裏社会ネタを扱うサブカル雑誌業界の出身で、中村氏は僕の担当編集だったこともある先輩だ。

 たしかに僕らの著作における筆づかいは根本的に違っていて、中村氏は淡々と貧困者の見たままを描き、鈴木は訥々(とつとつ)と貧困者の支援について能書きを垂れてきた。

 世間の評価も分かれる二人だが、僕らには積もり積もった(へき)(えき)という共通点がある。ここ数年で大手メディアがこぞって発信するようになった「貧困コンテンツ」についてのいらだちだ。

 ドロップアウトを経験したことのない優等生的大手メディアの記者や、エロと貧困の現場なんか縁もゆかりもないナントカ先生たちがいきなり現れて、したり顔で浅はかに女性の貧困とセックスワーク(かい)(わい)えの諸問題を語る。

 社会の裏側とははるかに遠いところに生きてきた彼らは、取材対象者を自力で見つけることもできず、安直に困窮者の支援サイドからの紹介や、そもそもみずから「苦しい、助けて」と声を出せる困窮者を報道した結果、見逃せない弊害も生まれてきてしまった。

 たとえば、貧困とセックスワーカーの世界では、「セックスワークを被害的に感じている当事者、元当事者」の声が主に拾い上げられ、結果としてアンダーグラウンドながら貧困者の互助的なセーフティーネットとして機能してきたセックスワークやナイトワークを「加害的として排除し、規制する」流れが加速しつつある。

 そもそも、貧困とセックスワークの相関は昨今始まった問題ではなく、それこそあのバブル時代にだって社会の低層でずっと存在し続けてきたものだ。

 取材するなかで、母親に客を紹介されて未成年のころから売春をしている少女がいた。その母もまた、母に言われて売春をしてきた。平成日本の話だ。少女には、幼くして一家の稼ぎ手としてお金を稼いでいるプライドがあった。

 悲惨な虐待家庭から逃げ出して、東京の街角を補導員に(おび)えながらさまよい、スカウトに紹介された売春組織で稼ぐことを覚え、客の名義でアパートを借りて、自力で生活している少女。彼女にとって何よりも怖かったのは、その自由が大人によって壊され、彼女の心身をズタズタにするまで虐げ続けた親権者の元に送り返されることだった。

 彼女たちは貧困な生い立ちの被害者ではあるが、セックスワーカーであることに被害者感情はなかった。そこに四角四面な法と規範を押しつけることが、なぜ彼女らが戦い抜いてきた人生と人格を否定することだとわからないのか。

 入り組んだ問題の背景を理解しないがあまり、本来は分けて考えるはずの問題が混同視されたり、当事者側からすればまるで的外れな対策が真剣に語られたりする状況に一石を投じたく、この対談仕事を受けた。

 僕らが取材をしてきたのは、支援者にもつながることができず、みずからがなんの被害者であるかも認識できず、苦しいと言えない、声に出す能力すらないというなかでもがき続けている貧困者だったと思う。

 そんな取材を続けてきた結果、中村氏はなんか疲れて激しくこじらせた感じになっちゃったし、鈴木は鈴木で詐欺と売春報道の生き字引みたいになった挙げ句に脳梗塞を発症して少し障害持ちになったりしたが、僕らには「身も蓋もない話」ができる。

 対談のなかで、いくつもの新しい気づきがあった。日本を(むしば)む貧困問題の「ラスボス像」も見えてきた感がある。

 しょせん、サブカル雑誌上がりの二人には、なんの具体的な解決策も話すことはできない。だが、ポジショニングは違っても、接してきた取材対象者から受けた貧困のリアルを話すことはできる。

 悪い予感がしたら、そのとおりだ。まるまる一冊、出口のない、答えも見つからない、絶望的な話におつきあいいただきたい。
この記事は役に立ちましたか?

役に立った
0
残り:-9文字/本文:1629文字
この記事を買った人はこれも買っています
      この記事を収録している本
      この本で最も売れている記事
      レビューを書くレビューを書く

      レビューを書いてポイントゲット!【詳細はこちら】

      この本の目次