読みたいトコだけ買える本。
犬耳書店
初めての方へ 記事一覧 無料登録 ログイン

犬耳書店はRenta!へ統合いたします

(2021/9/29 UP)

犬耳書店は、姉妹店のRenta!(レンタ)へ統合いたします。
詳しくはこちらでご確認いただきますよう、よろしくお願い申し上げます。

0
-2
kiji
0
0
1107904
0
貧困とセックス
2
0
0
0
0
0
0
政治・社会
お気に入りとは?

お気に入りボタンを押すとお気に入りリストにこのページが追加されます。興味のあるページ・気になったページを後から確認するのに便利です。

お気に入り お気に入り
生活の糧をつぶすだけで支援はしない国

『貧困とセックス』
[著]中村淳彦 [著] 鈴木大介 [発行]イースト・プレス


読了目安時間:6分
この記事が役に立った
0
| |
文字サイズ

中村 AVは市場規模がせいぜい五〇〇億〜六〇〇億円程度のすごく狭いニッチな世界。かかわっている関係者もほかの産業と比べると少ない。すごくニッチな世界なので、圧力をかけてつぶしても社会になんの影響力もないよね。AV業界側は婦人団体側から強制出演の撲滅を提言されて、被害を受けている女性を協力して減らしていきたいって意識はあった。最近は儲からないながら、平穏に回っていたから。だけど、いまの流れだと当事者を無視して業界を壊滅させようって勢い。雇用は残しておかないと地下に潜るだけ。結果的に荒れて、もっと大きな被害が生まれる。
鈴木 難しい……。AV業界の問題に限定して言えば、強制出演が一般的かどうかは置いておいて、携わった女性があとから被害者感情を持ちやすい形態のセックスワークじゃないですか。
この記事は役に立ちましたか?

役に立った
0
残り:2200文字/本文:2545文字
この記事を買った人はこれも買っています
      この記事を収録している本
      この本で最も売れている記事
      レビューを書くレビューを書く

      レビューを書いてポイントゲット!【詳細はこちら】

      この本の目次