読みたいトコだけ買える本。
犬耳書店
初めての方へ 記事一覧 無料登録 ログイン

犬耳書店はRenta!へ統合いたします

(2021/9/29 UP)

犬耳書店は、姉妹店のRenta!(レンタ)へ統合いたします。
詳しくはこちらでご確認いただきますよう、よろしくお願い申し上げます。

0
-2
kiji
0
0
1107911
0
貧困とセックス
2
0
0
0
0
0
0
政治・社会
お気に入りとは?

お気に入りボタンを押すとお気に入りリストにこのページが追加されます。興味のあるページ・気になったページを後から確認するのに便利です。

お気に入り お気に入り
トラウマ体験が脳を壊し、貧困を呼ぶ

『貧困とセックス』
[著]中村淳彦 [著] 鈴木大介 [発行]イースト・プレス


読了目安時間:5分
この記事が役に立った
0
| |
文字サイズ

中村 二〇一五年から地雷店(最低レベルの女性を売りにした店)のデッドボールグループと、(さか)(つめ)(しん)()さんのホワイトハンズが組んで「風テラス」という取り組みが始まったよね。弁護士と社会福祉士の有志が集まって、公的扶助を何も知らない貧困風俗嬢と地域の社会資源をつなげる活動をしている。総監督って呼ばれているデッドボールの経営者は、デリヘルを経営して初めて貧困女性の実態を知って、所属女性で福祉が必要な女性と福祉をつなげる英断をしたみたい。いままでは裸になれば生活するくらいは誰でも稼げたけど、それができなくなったからこそ始まった取り組みだよね。
この記事は役に立ちましたか?

役に立った
0
残り:2172文字/本文:2454文字
この記事を買った人はこれも買っています
      この記事を収録している本
      この本で最も売れている記事
      レビューを書くレビューを書く

      レビューを書いてポイントゲット!【詳細はこちら】

      この本の目次