読みたいトコだけ買える本。
犬耳書店
初めての方へ 記事一覧 無料登録 ログイン
0
-2
kiji
0
0
1107916
0
貧困とセックス
2
0
0
0
0
0
0
政治・社会
お気に入りとは?

お気に入りボタンを押すとお気に入りリストにこのページが追加されます。興味のあるページ・気になったページを後から確認するのに便利です。

お気に入り お気に入り
一〇年後の日本を体現する沖縄の貧困

『貧困とセックス』
[著]中村淳彦 [著] 鈴木大介 [発行]イースト・プレス


読了目安時間:7分
この記事が役に立った
0
| |
文字サイズ

中村 二〇一六年五月に沖縄の()()に取材に行ったけど、ひどい状況だった。沖縄は平均賃金、世帯収入、最低賃金が全国最下位。それに非正規雇用率、離職率、離婚率、若年出産などなど、生活や家計に直結するあらゆる指標が日本で最も悪い。シングルマザーが異常に多いなかで、産業が観光くらいしかなくて、企業の工場すらない。経済は公共事業と米軍基地に頼っていて、平均年収は東京の約半分程度と圧倒的な低さ。超厳しい。
鈴木 たしかに、ずっとこんな取材を続けているなかでも、沖縄の話は貧困のスケールが桁違いという印象です。
中村 那覇には(まつ)(やま)という大きな繁華街があって、シングルマザーや学歴の低い女の子たちが働いている。年齢と外見の問題から、キャバクラに勤められる女性は一部で、キャバクラで働けない層はソープランドやピンサロ(ピンクサロン。
この記事は役に立ちましたか?

役に立った
0
残り:2687文字/本文:3057文字
この記事を買った人はこれも買っています
      この記事を収録している本
      この本で最も売れている記事
      レビューを書くレビューを書く

      レビューを書いてポイントゲット!【詳細はこちら】

      この本の目次