読みたいトコだけ買える本。
犬耳書店
初めての方へ 記事一覧 無料登録 ログイン

犬耳書店はRenta!へ統合いたします

(2021/9/29 UP)

犬耳書店は、姉妹店のRenta!(レンタ)へ統合いたします。
詳しくはこちらでご確認いただきますよう、よろしくお願い申し上げます。

0
-1
kiji
0
1
1107933
0
貧困とセックス
2
0
13
0
0
0
0
政治・社会
お気に入りとは?

お気に入りボタンを押すとお気に入りリストにこのページが追加されます。興味のあるページ・気になったページを後から確認するのに便利です。

お気に入り お気に入り
生まれたこと自体が不幸になる時代

『貧困とセックス』
[著]中村淳彦 [著] 鈴木大介 [発行]イースト・プレス


読了目安時間:2分
この記事が役に立った
13
| |
文字サイズ

鈴木 これから子どもを産む中心になっていく二〇代や三〇代の人たちの未来について考えると、地方と都市部でまったく同じことを言えない感じがします。都市部に関してはお金のある人しか産めません。地方に関しては、みんな貧乏ですから、たくさん産んでインカムを増やそうという考えになると思います。というか、なってきています。
中村 地方は江戸時代から昭和中期みたいになるのか。ただ、地域によるだろうけど、都市部の子どもを見ていると、意外に親も子どももしっかりしていて、びっくりする。都市部で子どもを産んでいるのは中流以上の層で、小学校六年生でみんなiPhoneを持っているし、教育にもすごくお金をかけている。子どもも文武両道で優秀な子がたくさんいる。
鈴木 地方と都市部では景色が違います。(とよ)()(東京・(こう)(とう)区)にある職業体験型テーマパークのキッザニアあたりに行くとすごい光景です。平日に子連れの主婦がいっぱいで、少子化の話はどこへ行った、みたいな。経済的に余裕のある人じゃないと、そんなことはできない。
中村 そうなると、都市部の子どもがグローバル化のなかでホワイトなビジネスに就き、地方の子どもが貧困に苦しむという形に分断されるのか。階層社会が一瞬隠れていたのに明確になったね。
鈴木 二極化でしょうけど、少なくとも地方の子どもを中心に、大学全入時代は終わりますか。その前に教育ビジネスでさんざん肥え太った輩を血祭りにあげたいですけど。個人的には。
中村 何十校もの大学が倒産は時間の問題と言われているけど、Fラン大学がバタバタとつぶれて、いまの全入時代が間違っていたことが表面化する。学校経営はたんなるビジネスで、子どもはカモだったという官製の裏事情が拡散されて、教育とかキャリアに対する価値観が変わってくるね。そう考えると、借金を背負って大学に進学したいまの若者たちだけがバカを見たということになる。ゆとり教育、借金、Fラン大学のトリプルパンチで官製の被害者世代になるね。
鈴木 僕はリ○ルート的な情報産業を訴えたい気分ですよ。資格に進学に教育に、本当に根拠のないキラキラをばらまいてきました。それに乗せられてきた子どもたちは、再挑戦の時代になるのでしょうか。その再挑戦すら食いものにされないようにしなければいけないですけどね。


この記事は役に立ちましたか?

役に立った
13
残り:0文字/本文:969文字
この記事を買った人はこれも買っています
      この記事を収録している本
      この本で最も売れている記事
      レビューを書くレビューを書く

      レビューを書いてポイントゲット!【詳細はこちら】

      この本の目次