読みたいトコだけ買える本。
犬耳書店
初めての方へ 記事一覧 無料登録 ログイン
0
-2
kiji
0
0
1107960
0
田中角栄と越山会の女王
2
0
0
0
0
0
0
ルポ・エッセイ
お気に入りとは?

お気に入りボタンを押すとお気に入りリストにこのページが追加されます。興味のあるページ・気になったページを後から確認するのに便利です。

お気に入り お気に入り
身内裏切りの危機──吉田茂に遭遇

『田中角栄と越山会の女王』
[著]大下英治 [発行]イースト・プレス


読了目安時間:6分
この記事が役に立った
0
| |
文字サイズ


 昭和二十八年に入ったある日、曳田が、雑用をこなしていた昭に言った。

「この清書を頼むよ」


 渡された原稿の冒頭には、「わたしの主張」と書かれていた。その横には、田中の名でなく、曳田の名前が添えてある。


 昭は不審に思った。

〈どうして、オヤジの名でなく、曳田さんの名前が添えられているのだろう〉


 曳田が田中の意見をまとめたのなら、田中角栄と署名すべきである。それなのに、曳田があえて自分の名前を書いたのは、自分の野望の宣言と自己主張したいのかもしれない。


 曳田は、その当時、佐藤栄作についている大津正秘書、(つか)()()(いち)(ろう)の中田松彦秘書とならぶ大物秘書として、「秘書会の三羽ガラス」と言われていた。

この記事は役に立ちましたか?

役に立った
0
残り:2290文字/本文:2601文字
この記事を買った人はこれも買っています
      この記事を収録している本
      この本で最も売れている記事
      レビューを書くレビューを書く

      レビューを書いてポイントゲット!【詳細はこちら】

      この本の目次