読みたいトコだけ買える本。
犬耳書店
初めての方へ 記事一覧 無料登録 ログイン
0
-2
kiji
0
0
1107979
0
田中角栄と越山会の女王
2
0
0
0
0
0
0
ルポ・エッセイ
お気に入りとは?

お気に入りボタンを押すとお気に入りリストにこのページが追加されます。興味のあるページ・気になったページを後から確認するのに便利です。

お気に入り お気に入り
一秒五億円の折衝

『田中角栄と越山会の女王』
[著]大下英治 [発行]イースト・プレス


読了目安時間:5分
この記事が役に立った
0
| |
文字サイズ


 昭和三十八年度予算編成を前にした三十七年十一月上旬、大蔵省二階にある大蔵大臣室は、緊張した雰囲気に包まれていた。


 大臣室のソファに座った(いし)(はら)(かね)()事務次官が身を乗り出し、田中におそるおそる言った。

「大臣、おわかりのこととは思いますが、大蔵大臣というのは、どんなことでも、いちおう反対するのが仕事というものです。歴代の大蔵大臣は、全員そうしてまいりました。それが通り相場ですから、反対しても不思議はありません。そのつもりで、ひとつ、よろしく」


 しかし、田中は、断固として蹴った。

「わたしは政調会長になる以前から、積極派の田中と言われてきた。

この記事は役に立ちましたか?

役に立った
0
残り:1962文字/本文:2246文字
この記事を買った人はこれも買っています
      この記事を収録している本
      この本で最も売れている記事
      レビューを書くレビューを書く

      レビューを書いてポイントゲット!【詳細はこちら】

      この本の目次