読みたいトコだけ買える本。
犬耳書店
初めての方へ 記事一覧 無料登録 ログイン
0
-2
kiji
0
0
1107984
0
田中角栄と越山会の女王
2
0
0
0
0
0
0
ルポ・エッセイ
お気に入りとは?

お気に入りボタンを押すとお気に入りリストにこのページが追加されます。興味のあるページ・気になったページを後から確認するのに便利です。

お気に入り お気に入り
大蔵大臣秘書・早坂茂三

『田中角栄と越山会の女王』
[著]大下英治 [発行]イースト・プレス


読了目安時間:3分
この記事が役に立った
0
| |
文字サイズ


 昭和三十九年の暮れ、早坂茂三が、榎本敏夫の代わりに大蔵大臣秘書として入ってきた。早坂は、田中が政調会長時代に非公式の場で発言した憲法改正問題をすっぱ抜いた。それがきっかけとなり、田中と知り合ったのである。


 早坂は東京タイムズ退社後、昭に田中の秘書として使ってくれるよう、何度も頼み込んできていた。ちょうど名前だけ貸している大臣秘書の榎本敏夫の期限も切れていたため、榎本から早坂に替えたのである。

この記事は役に立ちましたか?

役に立った
0
残り:978文字/本文:1176文字
この記事を買った人はこれも買っています
      この記事を収録している本
      この本で最も売れている記事
      レビューを書くレビューを書く

      レビューを書いてポイントゲット!【詳細はこちら】

      この本の目次