読みたいトコだけ買える本。
犬耳書店
初めての方へ 記事一覧 無料登録 ログイン
0
-2
kiji
0
0
1107993
0
田中角栄と越山会の女王
2
0
0
0
0
0
0
ルポ・エッセイ
お気に入りとは?

お気に入りボタンを押すとお気に入りリストにこのページが追加されます。興味のあるページ・気になったページを後から確認するのに便利です。

お気に入り お気に入り
「本当に総理大臣になっていいのかしら」

『田中角栄と越山会の女王』
[著]大下英治 [発行]イースト・プレス


読了目安時間:5分
この記事が役に立った
0
| |
文字サイズ


 昭和四十六年十二月三十一日、田中は、盟友の大平正芳と昼食をとりながら、三時間ほど今後の政局について話し合った。

「佐藤さん、いつ辞めるつもりなのかな」


 田中は、心の底から、大平を盟友と思っていた。以前、昭は、親しくしている読売新聞の記者に言われた。

「ママ、オヤジに注意したほうがいいよ。オヤジは、大平のことを盟友って思っているかもしれない。だけど、大平は、オヤジが思っているほどお人好しじゃないよ」


 昭は、読売新聞の記者が言ったことを、そのまま田中に伝えた。


 田中は、はっきりと言った。

「いいよ。裏切られるようなことがあったら、それはおれに人を見る目がなかったということだ。

この記事は役に立ちましたか?

役に立った
0
残り:2149文字/本文:2436文字
この記事を買った人はこれも買っています
      この記事を収録している本
      この本で最も売れている記事
      レビューを書くレビューを書く

      レビューを書いてポイントゲット!【詳細はこちら】

      この本の目次