読みたいトコだけ買える本。
犬耳書店
初めての方へ 記事一覧 無料登録 ログイン
0
-2
kiji
0
0
1108007
0
田中角栄と越山会の女王
2
0
0
0
0
0
0
ルポ・エッセイ
お気に入りとは?

お気に入りボタンを押すとお気に入りリストにこのページが追加されます。興味のあるページ・気になったページを後から確認するのに便利です。

お気に入り お気に入り
『文藝春秋』誌の衝撃

『田中角栄と越山会の女王』
[著]大下英治 [発行]イースト・プレス


読了目安時間:7分
この記事が役に立った
0
| |
文字サイズ


 竹下登が、昭和四十九年十月十日、砂防会館の田中事務所に顔を出した。


 竹下は、昭に皮肉まじりに言った。

「なるほど、“淋しき女王”だわなぁ」


 ニヤニヤしながら、昭の顔をのぞきこんでいる。昭は、竹下がなにを言っているのか、さっぱりわからなかった。

「なにを言っているのよ。気味が悪いわね」


 が、竹下は、言葉をにごしたまま事務所から去っていった。その後、田中の秘書朝賀昭が、あわててやってきた。

「ママ、これを見ましたか」

「なによ、これ……」


 朝賀が持ってきたのは、月刊『文藝春秋』十一月号であった。

「ここですよ」


 めくられたページを見ると、昭は思わず眼を見開いた。『文藝春秋』では、(たち)(ばな)(たかし)の「田中角栄研究──その金脈と人脈」とともに、児玉隆也が、「淋しき越山会の女王」というタイトルで、昭の出生から権力ぶりまで詳細に書き立てていたのである。

この記事は役に立ちましたか?

役に立った
0
残り:2859文字/本文:3238文字
この記事を買った人はこれも買っています
      この記事を収録している本
      この本で最も売れている記事
      レビューを書くレビューを書く

      レビューを書いてポイントゲット!【詳細はこちら】

      この本の目次