読みたいトコだけ買える本。
犬耳書店
初めての方へ 記事一覧 無料登録 ログイン
0
-2
kiji
0
0
1108011
0
田中角栄と越山会の女王
2
0
0
0
0
0
0
ルポ・エッセイ
お気に入りとは?

お気に入りボタンを押すとお気に入りリストにこのページが追加されます。興味のあるページ・気になったページを後から確認するのに便利です。

お気に入り お気に入り
「竹下は雑巾がけからやり直せ」

『田中角栄と越山会の女王』
[著]大下英治 [発行]イースト・プレス


読了目安時間:5分
この記事が役に立った
0
| |
文字サイズ


 田中事務所には、ドアをノックもせずに入ってこられる、そんな開放的な雰囲気があった。金丸信をはじめとする麻雀好きの政治家は、夕方をすぎると、ふらりとやってくる。そして田中の執務室のほうを気にしながら、昭の耳元でささやいた。

「ママ、麻雀やろうよ」


 金丸は、田中が、麻雀を亡国的な遊びと毛嫌いしているのを知っている。


 田中の麻雀嫌いは、まさに筋金入りだった。昭が何度誘いをかけても、麻雀にだけは手を出そうとはしなかった。そればかりか、昭が麻雀をやっているのを見つけたとき、烈火のごとく怒り、麻雀をしているテーブルをひっくり返したこともあった。

この記事は役に立ちましたか?

役に立った
0
残り:1859文字/本文:2128文字
この記事を買った人はこれも買っています
      この記事を収録している本
      この本で最も売れている記事
      レビューを書くレビューを書く

      レビューを書いてポイントゲット!【詳細はこちら】

      この本の目次