読みたいトコだけ買える本。
犬耳書店
初めての方へ 記事一覧 無料登録 ログイン
0
-2
kiji
0
0
1108022
0
田中角栄と越山会の女王
2
0
0
0
0
0
0
ルポ・エッセイ
お気に入りとは?

お気に入りボタンを押すとお気に入りリストにこのページが追加されます。興味のあるページ・気になったページを後から確認するのに便利です。

お気に入り お気に入り
昭子の入院とオヤジの心遣い

『田中角栄と越山会の女王』
[著]大下英治 [発行]イースト・プレス


読了目安時間:3分
この記事が役に立った
0
| |
文字サイズ


 昭子はそれまでの無理がたたったためか、昭和五十五年十月、(たん)(のう)摘出のため東京女子医大附属病院に入院した。


 昭子は、入院しているまわりの人たちに迷惑がかかるかもしれないと、入院を伏せておいた。そのために、偽名すらつかっていた。が、どこから聞きつけてきたのか、田中派の国会議員だけでなく、地方の県会議長や、県知事らが入院先に花束を持ってやってきた。

この記事は役に立ちましたか?

役に立った
0
残り:1117文字/本文:1297文字
この記事を買った人はこれも買っています
      この記事を収録している本
      この本で最も売れている記事
      レビューを書くレビューを書く

      レビューを書いてポイントゲット!【詳細はこちら】

      この本の目次