読みたいトコだけ買える本。
犬耳書店
初めての方へ 記事一覧 無料登録 ログイン
0
-1
kiji
0
1
1108355
0
たったひと言で奇跡を引き寄せるマインドフル会話術
2
0
0
0
0
0
0
生き方・教養
お気に入りとは?

お気に入りボタンを押すとお気に入りリストにこのページが追加されます。興味のあるページ・気になったページを後から確認するのに便利です。

お気に入り お気に入り
はじめに

『たったひと言で奇跡を引き寄せるマインドフル会話術』
[著]穴口恵子 [発行]イースト・プレス


読了目安時間:4分
この記事が役に立った
0
| |
文字サイズ


 はじめに



 この会話術で自分と「友だち」になる!



「初対面の人と話すと緊張してしまう」

「話が途切れたとき、何を話せばいいかわからない」

「会議やスピーチなど、人前で話すのが苦手だ」

「上司への説明や報告がうまく伝わらない」

「相手からつまらない人と思われていないか不安になる」



 この本を手にとられた方の多くは、会話に対して、きっとこんな悩みをお持ちなのではないでしょうか?


 その悩みを解消しようとして、話し方の「ノウハウ本」や「マニュアル本」を山ほど読んだという方も多いと思います。


 しかし、それで悩みは解消されましたか?


 以前より幸せになれましたか?



 本書でお伝えしたいのは、うわべだけの会話テクニックではありません。ふだんの会話をちょっと変えることで、運を引き寄せ、人生を好転させる方法です。


 そこで、まず実践してもらいたいことは、「他人軸」でしていた会話からの卒業です。


 いままでの「会話本」の多くは、他人(相手)を軸にしたノウハウやテクニックが書かれています。


 しかし、人生の主役は「あなた自身」です。


 他人(相手)の顔色ばかりうかがったり、社会の枠(制約)にとらわれたりして、いつも自分を物語の脇役にしていては、いくら饒舌にしゃべっていたとしても、真の幸福感、満足感を得ることはできません。


 自慢をしているようで気が引けるのですが、この本を読むとこうなれると感じていただきたいので、あえて書きます。


 私はいま、次のような富と自由と幸せを手にしています。

「年商三億五〇〇〇万円の会社を二〇年間経営」

「年間一〇〇日間を海外の聖地で暮らす」

「育てたセラピストは一五〇〇人以上」



 いま振り返ってみると、こうした幸運を引き寄せることができたのは、「会話」が大きく貢献していたからだと気づきました。


 そんな私ですが、小さいころはとても無口で、友だちの中に入っていくことができない子どもでした。「いっしょに遊ぼうよ」と手をさしのべてくれた友だちの手を、無言ではらいのけるような子どもだったのです。元気に遊んでいる友だちを、ただただ「見ている」日々が続きました。


 そんな私に変化が訪れたのは、八歳のころ。ある日、「私もみんなと遊びたいな」という心の声が耳に飛び込んできたのです。私はその声に素直にしたがって、みんなの輪の中に飛び込み、初めて鬼ごっこをして遊ぶことができたのです。


 そして私には、この喜びを即座に伝えた相手がいました。


 さて、それは誰でしょう?


 答えは、なんと私!


 私はまず、「自分自身と友だち」になったのです



 自分とつながることで、もっと自分の「心の声」に気づくことができるようになりました。自分が自分といて、いつも心地良い状態をつくれるようになったのです。


 すると、どんどん人と関わることが楽しくなり、小学校六年生のころには学校の人気者になっていました。


 人と話すことができなかった私が、自分からどんどん人や社会と関わるようになり、やがて運が開けていったのは、このときの経験から得た「自己対話」の習慣が大きく貢献しています。


 ここまで読んで、「そうは言ってもいまさら……」と思う方もいらっしゃるかもしれません。しかし、始めるのに遅すぎるということはありません。自分の心に話しかけ、自分と手をつなぐことは、いますぐにだってできるはずなのです。


 実際に、この「マインドフル会話術」を使って開運した方々の声を、ご紹介しますね。



 彼氏にふられ、仕事もぼちぼち。自分にダメ出ししかしてなかったある日、「いま、あるものは?」という問いから、自分の可能性に気づくことができ、ミュージカルに出演したり、アロマセラピーの先生をしたりする人生に変わった。(アイさん・28才)



 自信がなくて不安な人生を送っていたとき、「本当にそうなの?」と、何度も自己対話をすることで、自分の才能に気づき、仕事をやめて夢だった作家になれた。(アサミさん・38才)



 子どもに恵まれず不妊治療をしていたとき、この会話術で「出産しなければ、私は愛されない」と思っていたことに気づいた。「子どもができなくたって、私は愛される」という真実に目が向き、自分を大事にし始めたら子宝に恵まれた。(メグミさん・44才)



 お弁当屋さんのパートをしながら、夫のお金で生きるしかないと思っていたが、自己対話をしているうちに、料理が仕事になると気づき、仕出し弁当のビジネスで起業することができた。(ミヨコさん・51才)



 これらはほんの一部。


 次はあなたの番です。


 さあ、開運の扉を開く「マインドフル会話術」を手に入れにいきましょう。


(あな)(ぐち)(けい)()

この記事は役に立ちましたか?

役に立った
0
残り:-5文字/本文:1901文字
この記事を買った人はこれも買っています
      この記事を収録している本
      この本で最も売れている記事
      レビューを書くレビューを書く

      レビューを書いてポイントゲット!【詳細はこちら】

      この本の目次